2022年1月12日

ZEBの取り組み

ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)とは

ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)とは、先進的な建築設計によるエネルギー負荷の抑制やパッシブ技術の採用による自然エネルギーの積極的な活用、高効率な設備システムの導入等により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギー化を実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、エネルギー自立度を極力高め、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物のことです。

 

ZEBへの取り組み

私達は1982年の創業時に4つの”M”の組み合わせが大切な要素と捉え、4つのMの調和を目標に設備設計を理念としました。
快適な室内環境を保ち、建築計画の工夫による高断熱化・高効率設備等による一次エネルギー消費量を限り少なく提案する必要があるので、意識して計画を進めていきます。
結果的に、「自然と社会と人の豊かな調和」と、『まちづくりの総合コーディネーター』として社会の課題解決に取り組み、「快適な室内環境」と「省エネルギー」を両立するZEBの実現・普及のために積極的に取り組みます。

1.可能な初期段階でクライアントにZEB化の意義やメリット及び手法を提案します。
2.ZEBに関連する補助金の資料・日程作成を行い、申請業務を支援します。
3.常にZEBに関して知見を深め、普及を目指した活動を推進します。

エム設備設計事務所は、ZEB実現を目指す事業者への提案・業務支援を行います。